ボトックス

ボトックス注射とは

ボトックスとは、A型ボツリヌス毒素から抽出した、毒性のない薬剤の事で、筋肉を弛緩(リラックス)させる作用があります。しわを作っている筋肉に注射することにより、筋肉の過剰な収縮を抑え、しわが消え、効果が持続する間はしわが出来にくくなります。施術にかかる時間も短く(10分程度)、アレルギーなどの副作用もほとんどありません。ダウンタイムも短いため施術当日から洗顔・お化粧していただけるので人気の高い治療です。 個人差はありますが、だいたい2~3日で効果が出始め、3〜4か月程度続きます。
またこの筋肉を弛緩させる作用を用いて、目元や口角のリフトアップ、毛穴の引き締め、小顔治療、わき汗治療、脚やせ治療など、様々な治療に効果が認められています。
代官山クリニックでは厚労省承認の安全なボトックスビスタを使用し、アラガンジャパンン認定指導医師による確実な施術を行っています。

【ボトックス注射による治療の種類】

-しわ治療
ボトックスは筋肉の動きを抑えることでしわをできにくくします。
また継続的に治療することで、年齢を重ねてもしわの出来にくいお顔が維持できます。様々なしわに対して効果が期待できます。

-リフトアップ治療
ボトックスの作用を用いて、毛穴の引き締めによるお顔のリフトアップ(マイクロボトックス)や、口角・目元のリフトアップも可能です。

-小顔治療
「エラが張っている」お顔というのは、骨そのものが突き出ている場合と、咬筋と呼ばれる筋肉が必要以上に発達している場合があります。グッとかみしめた時に、ほほの後ろあたりの筋肉がボコッと出るようであれば、咬筋が発達しすぎてエラが張っている状態です。咬筋の発達によるエラ張り顔に対して、ボトックスを注射することで、咬筋を弛緩させほっそりとしたフェイスラインになります。
繰り返し注射することで、持続期間が長くなり筋肉そのものも小さくなっていきます。

-わき汗・わきが治療
わきがの原因になる汗そのものの分泌を大幅に抑えるのがボトックス注射によるわき汗治療です。非常に細い針での注射で15分程度で終了します。効果は4か月~半年程度。わきの臭いや嫌な汗じみを防ぐために、夏前の5~6月に多くの方が治療されています。

-脚やせ治療
筋肉量が多いと、ふくらはぎが張ってしまい、逞しい脚に見えてしまいます。
ボトックスをふくらはぎにある腓腹筋という筋肉に注射することで足の筋肉を小さくし、足を細くする治療が脚やせ治療です。

料金はコチラ